2007年 07月 11日

The Door

c0108501_23395459.jpg






とある婦人がオーナーである建物のドアーを撮った。
愛しまれてきたその扉の傷が目に優く映ったからだ。

婦人がカメラを手にした私の隣にやってきたので
ちょっと液晶を見せたら
うわぁ、すごい!手を打った後
「あなたの視点はまるで虫さんのように自由自在なのね」と言う。

いつもの庭は私のカメラにより 別世界となって彼女の目の前に広がる。
嬉しそうにしてたから、私だって嬉しかった。


すると


「写真を撮ったのはあなただけど、この素材になったのはうちの庭だからいいわよね
これをあとで数枚そのまま送って頂戴。他のハガキと一緒にして販売するわ」



なんでそういう話になる?どうしてそういう解釈になってしまう?
絵や陶芸じゃなく、写真なら雑に扱っていいっていうのか 
どうしてそこまで乱暴になってしまうんだ


どんなに小さくても
夢を与えるギャラリーのオーナーであるはずの貴女が
[PR]

by sichihuku-photo | 2007-07-11 23:58 | いんてりあ


<< Deep Emerald      Chrysanthemum o... >>